ホーム > Blog > 雑記 > 暇という言葉

暇という言葉

06/15
2009 - 11:13:58
CATEGORY
雑記
COMMENTS
コメントを書く

ひま【暇・閑】
1.仕事や義務に拘束されない時間。自由な時間。
2.休み。休暇。
3.主従等の関係を絶つこと。いとま。
4.何かをするのに必要な時間。
5.動作や状態の絶え間。時間的な切れ目。

大辞林によればこういう意味をもつらしい。

 自分は普段「5.動作や状態の絶え間。時間的な切れ目。」の意味で暇という言葉を利用していたのだなぁと。要するに「本当に何もしていない時間。」という事で。

例えばこんなシーン:
休みの日に家で本を読んでいる時に電話がかかってくる。
友人:「やっほー、今暇?(自由な時間的な意味で)」
自分:「いや、別に暇じゃないよ(本を読んでる最中だから)」
自分の生活ではよくあるパターンなんだ。

 逆に「5.動作や状態の絶え間。時間的な切れ目。」という意味で使っている自分からすると、よく耳にする「なんかする事無いからヒマ〜〜〜」というのがあり得ない。できる事なら自分を複数用意して色々な事を体験し、その記憶や経験を後で並列化したいと思う位にやりたい事はたくさんある。
 でも自分の身体は一つだし、時間は1日24時間と限られているし、なかなか思うように行かないものだよね。

 最近よく思う、本当の贅沢っていうのは何もする事なく暇を持て余す事なんじゃないかって。人の時間て言うのは一生で個々に差はあるけれど限られている事に違いはなく、流れてしまった時を戻す事はできない。残された時間を如何に自分にとって有意義に使う事ができるかっていうのが大事なんじゃないかなって。


せめて後悔はしない時間の使い方をしたいものだ。

ARCHIVE LIST

2012年:
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月

2011年:
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月

2010年:
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月

2009年:
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月