ホーム > Blog > Apple&Mac > iTunesのライブラリを切り替える

iTunesのライブラリを切り替える

01/29
2012 - 23:42:49
CATEGORY
Apple&Mac
TAGS
iTunes
Mac
自分用メモ
COMMENTS
コメントを書く
iTunesのライブラリはデフォルトだとユーザーフォルダの中に構築されるけれど、別の場所に構築したり、またそれを切り替えて利用したりっていうのができるみたい。
元々の自分の発想は「OSを再インストール(リカバリ)するたびにiTunesのライブラリをバックアップしたりするの面倒くさいなぁ。2ndデータ用ハードディスクに保持しておいてずっとそこから利用できたら良いのに......」というもの。

とりあえず調べてやってみた事を覚書として残しておく。
自分の試した、1stドライブから2ndドライブへ切り替えた方法を箇条書きにしておく。

  1. メニュー:「ファイル」 > 「ライブラリ」 > 「ライブラリを整理」を選択。
  2. 「ライブラリを整理」ダイアログから「ファイルを統合」にチェックを入れて「OK」をクリックして実行。
  3. 1stドライブにあるライブラリフォルダ(大抵は「\ユーザー\○○○\ミュージック\iTunes にある。※○○○はユーザー名)を2ndドライブの任意の場所(新しくライブラリを構築したい場所)へコピー
  4. 改めてiTunesを起動する。
  5. 起動時に「option」キーを押下しておくと「iTunesライブラリを選択」ダイアログが表示されるので「ライブラリを選択」ボタンをクリックして実行。
  6. コピーした2ndドライブのライブラリ用フォルダを選択。

これで、以降は2ndドライブの領域へ構築されるようになるっぽい。ポイントは「iTunes起動時にoptionキーを押下しておく」という部分かな。

「iTunes起動時にoptionキーを押下しておく」ことでライブラリが選択できるので、複数個所で別々のiTunesライブラリを構築して切り替えて利用することも可能かも知れない。自分の中ではメリットが見出せないけれど......

コメント一覧

コメントする

ARCHIVE LIST

2012年:
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月

2011年:
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月

2010年:
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月

2009年:
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月